黒部の風 わたしの山小屋物語

著者:砂永 純子

黑部源流域の山小屋で働くことになった女性が体験した貴重な山での暮らしや出来事を綴ります。いつか「山小屋で働いてみたい」、そんな人には必読の一書です。

N00124

暖かいランプの光、湿原を流れる風、沢にこだまするせせらぎ、岩魚に触れた瞬間の電流のような感動――。人生に迷い、黒部源流・高天原山荘に辿り着いた「わたし」が出会ったのは、心を満たす山の生活でした。山に生きる人々から学んだ大切なことを綴る、山小屋生活の記録です。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,250 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥2,500 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • iBookstore
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2014/07/18
発行社:山と溪谷社
ページ数:348(印刷版)
ISBN:9784635886260


目次

第一章 黒部へ
Ⅰ 山へ
Ⅱ 太郎兵衛平
Ⅲ 高天原へ
Ⅳ 盛夏来る
Ⅴ それぞれの夏
Ⅵ 仲間
Ⅶ 喜びはつくりだすもの
Ⅷ さよなら高天原

第二章 奥黒部を旅する(2002~2003)
Ⅰ 太郎平小屋盛夏 2002
Ⅱ 6月の高天原 2003
Ⅲ 彼の思い 2002
Ⅳ マスターの山 2002
Ⅴ 高天原点描

その後 2014春