秩父藪尾根単独行

著者:坂井 勝生

東京に近いながらも、人影まれな、秩父周辺の藪山を独り辿った行動と想念の記録。

N00210

埼玉県西部の山都・秩父。その周辺に広がる山域は、奥秩父のような標高はなく、一部を除き、訪れる登山者も少ない。笹藪に覆われた渋い尾根や苔むした谷は、東京に近いながらも人影は少なく、この山域を愛する篤志家には魅力溢れる山域です。本書は、秩父周辺の藪山を独り辿った行動と想念の記録です。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,000 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥2,000 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • iBookstore
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2014/12/19
発行社:山と溪谷社
ページ数:238(印刷版)
ISBN:9784635886352


目次

熊倉山・聖尾根から大血川へ/蕎麦粒山・北尾根からワサビ田へ/大平山・道の空白地帯をゆく/矢岳・川浦谷から大久保谷へ/酉谷山・黒ドッケ沢から転進/坊主山・大久保谷上流部から長沢背稜を経て大ネド尾根へ/檜岳・檜尾根から宗屋敷尾根へ/有間山(タタラノ頭)・バラ尾根から北西尾根へ/グミの滝・仙元谷から長沢背稜へ/小持山、大持山・高ワラビ尾根から西尾根へ/大ドッケ・福寿草群生地から峠ノ尾根へ/長沢山・北東尾根往復/川浦谷林道・川浦谷上流部へ/川浦谷林道(二)・塩地平から小黒、牛首へ/高ドア・相原沢右岸尾根から野鳥の森歩道へ/芋掘ドッケン・中双里から滝ノ沢へ/茂萩山・滝ノ沢から落合へ/両見山(三合落)・四阿屋山から浦島へ/両詰山・日向大谷から加明地へ/蕨山・人見から小殿へ/両崖山(要害山)・栗尾から加明地へ/ウノタワ・上名栗から冠岩へ/仁田山・中尾根から広河原谷へ/天理岳・中ノ沢左岸尾根から犬曳尾根へ