NextPublishingとは

【お知らせ】
「NextPublishing」の解説書ができました。
PDF版は無料公開しています。ダウンロードはこちらです。

理念

デジタルパワーを使い、従来の出版モデルでは経済的に困難になっている専門書(多品種、少部数)の出版を可能にし、優秀な個人や組織が保有している専門知識の多様な流通を促進することで、社会の発展に資する。

特徴

  • デジタルによる編集、制作、流通手法なので、圧倒的な低コストで短期間で発行できる。
  • 電子書籍と印刷書籍が同じ編集プロセスで発行できる。
  • 最初に電子書籍(リフロー形式)を作り、最終的に印刷書籍を作る(デジタルファースト)
  • 電子書籍の基本フォーマットとして、国際標準のEPUBを利用しているので、汎用性と発展性がある。
  • 印刷書籍では、プリント・オンデマンド(POD)を利用しているので、品切れがなく、末永く販売できる。

デジタルファースト型のワークフローの変化

NextPublishingメソッド

デジタルファースト方式による次世代型出版手法。
NextPublishingメソッドとは、パソコン、ワープロ、DTP、インターネットなどが生み出してきたHTML、CSS、コンピュータ組版、EPUBなどの文書処理技術を電子出版のために組み上げたコンピュータシステムと、それを実際の出版現場で利用できるように開発したルール&ワークフローの総称(グーテンベルグ型に続く出版という意味で“NextPublishing”とした)。
※NextPublishingはインプレスR&Dの登録商標です。

NextPublishingメソッドの全体像

技術システム(編集エンジン)

  • 中間フォーマットとして、W3Cで国際標準化されている最新のXHTML5+CSS3を採用している。
  • EPUBは、日本語の縦書きにも対応しているEPUB version3を採用している。
  • PDFの作成は、DTPや自動組版ソフトと連携して行っている。
  • 原稿作成、原稿指定、修正にはMicrosoft Wordを活用している(超・原稿用紙)

※編集エンジンの技術システムの一部は特許申請中。

現在の適性と制限

◯向いている本
文字主体の本(縦組・横組OK)
図、表、写真OK、脚注、目次OK、数式は未対応だが、技術的にはOK

◯向いていない本
ビジュアル指向の本(雑誌など) 字切り、縦組・横組混在、版面サイズが商品的に意味を持っているもの(図鑑、写真集など)

◯PODによる印刷書籍では、モノクロしかできない