会員登録はこちら

自分で作るから
出版が面白い!
DIY感覚で、紙の本を、
作って売る。

ネクパブ・
オーサーズプレス
(旧:著者向けPOD出版サービス)とは?

POD(プリントオンデマンド/必要部数だけ印刷する技術)を活用した、まったく新しいかたちの「内容・価格を自由に決める」個人出版支援サービスです。

特別なスキルは不要。原稿(PDF)があればOKです。1冊から無料で本を作って、誰でもかんたんにAmazonで販売できます。

ネクパブ・オーサーズプレス
つのメリット

利用者数 2,000 出版書籍 2,300 作品 総販売数 10万 総販売額 2億

POD出版業界トップクラスの出版実績
(2020年2月時点)

どんな本を出版できるの?

内容・表紙デザインすべて自由!
どんなジャンルも自由に出版できます

出版社を通さないため、内容や表紙はもちろん、好きなタイミングでいつでも自由に出版が可能です。書籍ジャンルももちろん思いのまま!趣味、小説、エッセイ、自己啓発、自分史、教材、技術書、専門書、解説書、コミック、写真・イラスト集など、どんなジャンルでもOK。まさに「本のDIY」です!

著者の皆さんの声

ほかにも多種多様な方が出版しています

デザイナー 医師 栄養士 塾講師 
パーソナルトレーナー うつ病経験者 
震災経験者 経営者 人事コンサルタント
プログラマー 双子のママ FP 陸上自衛官 
折紙作家 ジャズピアニスト

登録料や出版費用はいくらかかるの?

登録料・出版費用一切なし!
自由な価格設定&分配機能

NextPublishing Authors Pressが採用するAmazon PODは、読者の注文ごとに製造するため、あらかじめ在庫を持たなくても紙の本を出版できる、まったく新しいサービスです。そのため、出版にあたり著者様が費用を事前負担する必要がなくなりました。

ユーザー登録¥0、出版費用¥0、何冊出版しても¥0 ユーザー登録¥0、出版費用¥0、何冊出版しても¥0

本の価格の設定方法

本の価格は、Amazonの販売手数料と印刷費を差し引いてマイナスにならなければ自由に設定いただけます。売上のうち著者様の受取額がいくらになるのか、下記のシミュレーターに額面を入力してイメージしてみましょう。

計算式

著者の受取額=1円単位の設定価格−販売手数料40%+税−印刷費 著者の受取額=1円単位の設定価格−販売手数料40%+税−印刷費
印刷費=モノクロページ数×2.5円+カラーページ数×6.9円+基本料180円+税 印刷費=モノクロページ数×2.5円+カラーページ数×6.9円+基本料180円+税

著者の受取額シミュレーター

STEP1総ページ数ページ
(うちカラーページ数ページ)
STEP2設定価格
著者の受取額 0円(設定価格の0%)

紙の本の仕上がりはどんな風になるの?

サイズや材質を選んで思い通りの仕上がり

自費出版とどこが違うの?

「内容・価格を自由に決められる」個人出版支援サービス

自費出版と違い、DIY感覚で紙の本を作って売ることができるのがネクパブ・オーサーズプレス。また、販売代行サービスという形態であるため、価格設定も受取額も自由。ローリスク・ハイリターンの本作りをぜひお楽しみください!

表は横スクロールすることができます
NextPublishing Authors Press
ネクパブ・オーサーズプレス
自費出版
出版形態 販売代行
(著者&出版者として利用)
出版
(著者として利用)
出版物の権利 著作権:著者
出版権:著者
著作権:著者
出版権:出版社
出版費用・在庫 無料
在庫ゼロ
数十万円から
印刷部数に応じた在庫負担あり
編集・制作支援 なし(有料オプションあり) 出版社が支援
著者受取額 規定範囲で自由に設定 書籍価格の10%程度
受取条件 毎月振込(最低振込額500円) 年一回振込(各社規定による)
販売期間 Amazonで制限なく販売 在庫次第

入力はメールアドレスだけ!
会員登録(無料)はこちらから

MEDIA
メディア紹介実績

NEW
新着書籍

ABOUT US
インプレスR&Dについて

インプレスグループでデジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。NextPublishingは、2012年5月より、電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消など、伝統的な出版社が抱える課題を解決するソリューションを自ら実践し、その仕組みを多くの出版社に提示してきました。
2015年3月には、Amazon PODの取次店契約を交わし、出版社を対象に、これまでに1万2000点超のPOD出版の取次業務を行っています。

2016年10月には、出版社だけでなく個人が直接POD出版を行える「著者向けPOD出版サービス」を開始。2020年2月時点で、利用者2000名、出版書籍2300作品、総販売数10万冊、総販売額2億円の実績となっています。
インプレスR&DはNextPublishingを中核に、伝統的な出版では経済的に困難となった多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指します。