7番アイアンで、高くてきれいな球を打ちたい。

著者:西尾 和也

レッスンプロが生徒さんやゴルファーの気持ちに寄り添って企画した、レッスン書とはちょっと違うゴルフの基本のテキストです

N00782

このシリーズは「ゴルフ大好き100P新書」と銘打っています。その意味は、これからもたくさん刊行されることを意味しています。生徒さんやゴルファーの気持ちに寄り添った企画と編集を心がける所存です。ですので、どちらかというとWebページの記事に近いものです。「ありがとゴルフ」は西尾プロとマーケティング会社の株式会社ドゥ・ハウスとの共同事業です。

シリーズ刊行2つ目は7番アイアンです。
「基本のクラブ」と言われているわりには難しいクラブです。7番アイアンに始まって7番アイアンに終わるのでしょうか?
自分の球筋が「高い」「低い」と感じている方は多いです。人それぞれに体格、体重、腕の長さ、足の長さ、使用しているクラブの特徴、スウィング軌道の高低、ダウンスウィングのタイミング..と様々な要素が絡み合っているので、その解決法は千差万別です。
本書では、アイアンの球筋が低くて悩んでいる方にクローズアップします。
ボールが上がらない理由、ボールが適正に上がるための施策を説明しています。どれが効果的かは、プレイヤーそれぞれです。とりあえず、1章から読み進めていただき、自分には関係ないトピックは飛ばしても構いません。ピンときたトピックから読み始めください。

続きを読む

短くする

電子版 ¥300 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥900 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • Apple Books
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2018/10/19
発行社:ドゥ・ハウス
ページ数:126(印刷版)
ISBN:9784903649108


目次

[ 1 ] 最近のクラブはどうなっているのか。
 1-1) 最近のクラブはロフト角が立っています。
 1-2) 低重心のクラブヘッドはボールを上げやすいのはなぜ?
[ 2 ] 「アイアンの球筋が低い」という悩み。
 2-1) 番手に比例して飛ばない。
 2-2) ヘッドスピードを上げればボールは上がるのでしょうか?
[ 3 ] どうしたらシャフトを利用できるの。
 3-1) 7番アイアンと3番アイアンを比べてみましょう。
 3-2) シャフト利用のタイムスケジュール。
 3-3) ボールを上げるための腕の使い方。
[ 4 ] いいとこ取りアドレスで7番アイアンが上がる。
 4-1) ボールを上げるために肩甲骨と骨盤の関係を考える。
 4-2) いいとこ取りアドレスとは。おなかを凹ます。
 4-3) 「いいとこ取り」アドレスでショットする。
 4-4) ボールを上げるために左脇を空けよう。
 4-5) なぜ正反対なアドバイスがあるのか?
[ 5 ] 基本の「き」
 5-1) 3つのグリップ。
 5-2) スタンス幅はクラブで変わる。
 5-3) ボールの位置もクラブ次第。
 5-4) グリップエンドの指す方向。
 5-5) 左腕と右腕のアライメント(体の向き)。
 5-6) ポスチャー(姿勢)。へっぴり腰になりたくない。
 5-7) 円の半径は左手で。
 5-8) ダウンスウィングからフォローにかけての手の使い方。
 5-9) 体幹で打つ。
 5-10) 前傾をキープしたままスウィングするには?


著者紹介

ありがとゴルフ 代表

株式会社ライオンハートジャパン 代表取締役
明治大学体育会ゴルフ部コーチ
ザ・ファースト・ティ・オブ・ジャパン レベル1コーチ

1977年生まれ。
明治大学卒業後、青木功プロのもとで修業し、2000年から3年間、キャディ兼マネジャーとして米チャンピオンズツアーに帯同。2013年、2014年シーズンは久保谷健一プロのコーチとして、2015年シーズンは香妻陣一朗プロのコーチを行っている。現在、「ありがとゴルフ」をはじめ、約15ヶ所のゴルフ練習場でのゴルフレッスンやレッスンプロの派遣をしている。