未来をつくる起業家 ブラジル編

著者:中山 充

起業家の“リアル”を伝える、ブラジルの起業家達が語る生々しい起業ストーリーの数々

N00840

日本から最も遠い国ブラジルは、あまり知られていませんがスタートアップ大国になりつつあります。
2018年にはニューヨーク証券取引所やNASDAQへの上場し、企業価値10億ドルを超えるスタートアップが続々と現れました。
ブラジルは人口が世界5位の2億人超、インターネットユーザーも世界4位、スマートフォンの普及率も日本並みです。GDP規模も2040〜50年には日本を抜くと複数の研究機関が予想しています。
ブラジルのITベンチャーに大きな成功事例が出始めたことで、投資資金の流入もこの数年で一気に増え、今後も急速に増加していくことが見込まれています。
近年日本企業も、ブラジルのスタートアップを提携対象や投資対象として具体的なアクションを取り始め、筆者に寄せられる日本企業からの相談件数もこの1〜2年で急速に増えています。
ブラジル市場へのアクセスの第一歩は市場を俯瞰的に見ることです。筆者は2018年に日本貿易振興機構の「ブラジル・サンパウロにおけるスタートアップ・エコシステム調査」を担当した経験から、ブラジルのスタートアップエコシステムをマクロな視点で取りまとめています。

一方で、日本とは文化も環境も違うブラジルでスタートアップとの連携を図る上では、ブラジル人起業家達を理解することも欠かせません。
ブラジルの起業家の声を日本で聞く機会は限られる中で、起業家の“リアル“を伝えるべく、本書ではブラジルの起業家達に生々しい起業ストーリーを語ってもらいました。表には出にくい困難や失敗談もできるだけ包み隠さず話してもらいました。

ブラジル人起業家達は野心的です。アメリカに出ていく起業家もたくさんいます。ブラジル特有のチャレンジやオポチュニティーも多々ある一方、起業家として事業をゼロから立ち上げていく上での苦労は世界に共通するものもあります。
本書はブラジルでのスタートアップ投資を検討する方はもちろん、日本人の起業家にとっても参考になることがたくさん収録されています。
そしてブラジルに限らず海外進出を考えている起業家の皆さんには、どんな相手と戦うのかを肌感覚でとらえるためのきっかけをお伝えします。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,480 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,780 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • Apple Books
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2019/02/22
発行社:クロスメディア・パブリッシング
ページ数:192(印刷版)
ISBN:9784802076937


目次

ブスカペ創業者:ホメロ・ホドリゲス
モビリ創業者:エドゥアルド・リンス・エンリケ
インメトリクス創業者:パブロ・カヴァウカンチ
エスポルチ・インテラチーヴォ創業者:エディガル・ディニズ
シアテック創業者:マルセロ・サトウ
コンタアズウ創業者:ヴィニシウス・ホヴェダ
ベーシスブルー、ポウピ創業者:グスタヴォ・ゴレンスタイン
マネージング・ディレクター:カルロス・ペッソア・フィリョ


著者紹介

ブラジル・ベンチャー・キャピタル代表。ブラジル サンパウロ市在住の起業家、投資家、戦略コンサルタント。早稲田大学卒業後、ベイン&カンパニー東京支社に勤務。その後、起業を経てスペインIEビジネススクールのMBAを取得。

ベイン&カンパニーを含め戦略コンサルタントとして日本を含む海外企業のブラジル進出プロジェクトを含む10年以上の経験、起業家として日本・海外での事業開拓の経験を有する。
ブラジルのスタートアップへ投資する、ブラジル・ベンチャー・キャピタルを創業しブラジルのシードステージのスタートアップへの投資育成を行う。
ブラジル唯一の日本投資家・企業向けのブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラム主催。日本人起業家のグローバルネットワーク、WAOJEサンパウロ支部を立ち上げるなど、日本とブラジルのスタートアップシーンを繋ぐ活動も多数。著書「中小企業経営者が海外進出を考え始めた時に読む本」、JETROによる「ブラジル・サンパウロにおけるスタートアップ・エコシステム調査」担当。