法律から見えてくる「ホテル業界」 辣腕弁護士が読み解く「法律」「命令」「条例」の法秩序とは

著者:村上 実

ホテル業界における法の秩序は存在するのか!?

N00907

従来、一般的には法律に関しての知見やリテラシーは専門家領域という認識にあり聖域化する傾向にありますが、今の時代、こうしたテーマについてもマネジメントレベルにおいては一定程度の理解や知識が不可欠であると指摘できます。特に、一昔前まではサービス産業の特性とも言える”お客さまは神様です”的な理解では、到底、企業コンプライアンスを保つことは出来なくなってきています。
今回、本書が取り上げた10のテーマは、観光業界、とりわけホテル業界全体からみればほんの一部の事例にすぎませんが、まずは身近な問題からそのブレークスルーを考察したいというのが真の狙いとなります。
法律は決して難しい世界でもなく、食わず嫌いになってはいけないことだと思います。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,780 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,980 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • Apple Books
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド

基本情報

発行日:2019/08/16
発行社:クロスメディア・パブリッシング
ページ数:230(印刷版)
ISBN:9784802076968


目次

第1章
(1)冒頭座談会/「法律」の概念と「条例」の実態とは~観光業界における「法律」の整合性を問う!~
(2)法の秩序への疑問~「法律」「命令」「条例」の整合性とは~

第2章
【Chapter1】働き方改革~深刻な人手不足への対応策は~
【コラムPart1】組織が一丸となってES向上に(北村剛史)
【総合解説】江藤真理子弁護士

第3章
【Chapter2】旅館業法改正
【コラムPart2】旅館業法の問題点(寺前秀一)
【レポート1】住宅宿泊事業法施行を祝う会
【総合解説】富田裕弁護士

第4章
(1)
【Chapter3】クレーマー対策&ホテル側のミスによる損害賠償
【総合解説】中山茂弁護士・富井湧弁護士
(2)
【Chapter4】スキッパー対策と損金
【総合解説】黒住拓司税理士

第5章
【chapter5】情報漏洩問題
【総合解説】中山茂弁護士・林知宏弁護士

第6章
【Chapter6】消費税10%への引き上げと軽減税率
【総合解説】黒住拓司税理士

第7章
【Chapter7】電子決済とデジタル社会
【コラムpart4】電子決済とデジタル社会(白石孝仁)
【総合解説】米山貴志弁護士(日本国及びニューヨーク州弁護士)

第8章
【Chapter8】入管法改正と外国人採用問題
【総合解説】大嵜将史弁護士(日本国及びニューヨーク州弁護士)・白井紀充弁護士

第9章
【Chapter9】パワハラ・セクハラ問題
【コラムPart4】ホスピタリティの重要性を再認識(菅野潔)
【総合解説】大嵜将史弁護士(日本国及びニューヨーク州弁護士)・小古山和弘弁護士

第10章
【Chapter10】建築基準法改正
【コラムPart5】ホテル事業者として知っておくべき建築基準法のこと(池村友浩)
【総合解説】富田裕弁護士


著者紹介

(株)オータパブリケイションズ専務取締役経営調査室長。1951年東京生まれ。74年國學院大學文学部卒業、同年㈱日本マンパワー入社。「中小企業診断士」関連の企画・地域診断などのコンサルティングを担当。78年㈱オータパブリケイションズ入社。『週刊ホテルレストラン』などの同社出版物の編集を担当。(社)日本ホテル協会100周年記念「ホテル協会100年の歩み」総合プロデューサーをはじめ、ホテル・レストラン企業のセミナー講師や大手ホテルチェーン、旅館の経営コンサルティングを多数手がける。90年、『週刊ホテルレストラン』副編集長を経て、『月刊theHOTEL』編集長に就任。99年、取締役経営調査室長に就任、『週刊ホテルレストラン』編集長をを兼務。2010年専務取締役経営調査室長に就任、現在に至る。(一社)日本ホテル・レストランサービス技能協会理事、㈱ホテル格付研究所取締役、大妻女子大学マネジメントアカデミー講師、All Aboutホテル部門「ガイド」なども務めている。主な著書は、『吉村仁と5人の賢人』、『スーパーベンチャーの創り方』~TKP創業者河野貴輝の企業論』など。