中小企業経営者が海外進出を考え始めた時に読む本

著者:中山充

「あなたの会社の海外進出、本当にそのまま進めて大丈夫ですか?」初めての海外進出で失敗しないために、まずはこの一冊。

N00695

年々「海外進出をしよう」と決める中小企業は増えていますが、一方で「準備は何をすべきか」を正しく決められる企業はごくわずかしかありません。
なんとなく決めてしまった進出先に、消去法で選んだ社員を送り、直感で選んだ代理店に丸投げしてしまう。
そして数年と経たず撤退が決まり、視察と称した海外旅行を楽しんだだけで終わってしまう。
こんな冗談みたいな海外進出の失敗は、数え切れないほど目にするのです。

本書は国外に在住しながら多数の企業の進出や投資をコンサルティングしてきた著者が、統計データの分析と豊富な経験を一冊にまとめ上げた海外進出のガイドブックです。
「進出の計画はどう立てればいいか」といった準備から、「現地スタッフの採用を失敗しないためには」といったテクニックまで。
初めての海外進出で必ずと言っていいほど遭遇する問題の解決法方を、一つ一つ丁寧に解説していきます。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,680 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,980 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • Apple Books
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2018/05/25
発行社:クロスメディア・パブリッシング
ページ数:112(印刷版)
ISBN:9784802076814


目次

序章 なぜ海外進出について考えるのか?
1.日本市場の将来性への不安とグローバルな販売機会のシフト
2.日本企業の海外進出状況
第一章 海外進出のよくあるパターン、なぜうまくいかないか?
1.海外進出、形から入っていませんか?
2.海外進出したのはいいけれど、そんな体制で勝負できますか?
3.事業計画の策定自体が目的化していませんか?
第二章 失敗しないわけがない。「失敗してもしょうがない」が海外進出の基本姿勢
1.「成功マニュアル」を探すのをやめよう
2.失敗を前提とした事業計画の立て方は?
3.海外進出はベンチャーキャピタルのつもりで
第三章 「ベンチャーキャピタル的」なアプローチが海外進出の正しいスタンス
1.複数の進出先候補に少額で投資し、ポートフォリオ的に管理
2.起業家精神旺盛な担当者を各地域で任命
3.本社はあくまでサポートの位置づけ


著者紹介

【中山充(なかやま・みつる)】
ブラジル・ベンチャー・キャピタル代表。ブラジル サンパウロ市在住の起業家、投資家、戦略コンサルタント。
早稲田大学卒業後、スペインIEビジネススクールのMBAを取得。
ベイン&カンパニー東京支社・サンパウロ支社を含め戦略コンサルタントとして10年以上の経験を有し、 日本および海外企業のブラジル進出プロジェクトのなかで多くのスタートアップと事業開拓に携わる。
2014年に独立し、ブラジルのベンチャー投資を支援するブラジル・ベンチャー・キャピタルを起業。
投資先企業とともに営業活動に同行し、成長戦略の検討や方向性の整理、次フェーズの資金調達のための資本政策の策定を行うなど、投資先のチームの一員として事業の成長の支援を行う。
更に日本やアメリカでのネットワークを活用し、海外市場へのアプローチのサポートを積極的に行うなど、戦略コンサルタントとして幅広く手がけている。