仕事で使える!Google Apps モバイルデバイス管理編 BYOD実践ガイド!Android for Work対応版

著者:佐藤 芳樹

モバイル活用で仕事を加速する!

N00351

世界で最も普及しているGoogleのモバイル向けオペレーティングシステム「Android」とAppleが展開するiPhone、iPad向けオペレーティングシステム「iOS」。モバイルデバイス市場はこの2つのプラットフォームで構成され、クラウドの活用を促進しています。 本書はGoogle次世代クラウドグループウェアであるGoogle Appsのモバイルデバイス管理機能により実現可能な企業のモバイルデバイス管理術についてコンパクトにまとめたガイドです。クラウド時代のモバイルデバイス管理には何が求められるのかを知りたい方のために、導入や管理などの方法と仕事面での活用シナリオを豊富なスクリーンショットとともに紹介。 最新のAndroid for Workにも対応しているので、個人所有デバイスの持ち込み(BYOD:Bring Your Own Device)を検討している方にもまず手にして欲しい1冊です。

続きを読む

短くする

電子版 ¥700 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,100 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • iBookstore
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • ウェブの書斎オンデマンド本
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2015/08/28
発行社:インプレスR&D
ページ数:72(印刷版)
ISBN:9784802090278


目次

プロローグ
モバイルデバイスの利便性と潜在する課題
-モバイルデバイスの急速な普及,市場動向,課題はセキュリティー
-個人所有デバイスの持ち込み(BYOD)でコストを抑制
モバイルデバイスの企業導入に集中管理が必要なワケ
-管理しないことによるリスク,デバイス単体では使えない管理機能とは
-集中管理で広がる活用シナリオ
Google Appsのモバイルデバイス管理がもたらす効果
-端末情報管理,セキュリティー設定の統一,アプリケーション管理の自動化,サポート体制

第1章 モバイルデバイス管理を効率化する 
クラウドで「管理」するメリットを体験しよう
これまでのモバイルデバイスの管理方法を見直してみる
本当の「BYOD」を実現する

第2章 Google Appsのモバイルデバイス管理機能でAndroid/iOSを管理する 
利用可能なモバイルデバイスを制御する
Android for Workの導入方法を知る
-Android for Workの導入,アプリケーション配信設定,Androidデバイスの設定,管理するためのポリシー,Android 4.xとAndroid 5.xの違い