熊本地震 老健施設7日間の奮闘記

著者:中村 太造

前震から7日間施設で寝泊まりした時の現場で起こった事象とそれに対する対応

N00496

熊本地震発生から7日間、震源地に近い益城町と西原村に隣接する老健施設の現場で起こっていたこと、それへの対応、命令指示、スタッフ奮闘、思いを元施設長の目線より経時的日誌として記しています。また、今回の地震で大いに役に立ったもの(マニュアル、インカム、ウォータークーラー、熱帯魚用品、ガーデン用品)についても合わせて紹介します。

続きを読む

短くする

電子版 ¥600 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥900 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • iBookstore
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド

基本情報

発行日:2016/11/04
発行社:インプレスR&D
ページ数:70(印刷版)
ISBN:9784844397311


目次

プロローグ
1. 夢にも思わず(前震)
2. 恐怖と勇気(本震)
3. 正念場(本震後2日目)
4. 光明(震災後3日目)
5. 安堵(震災後4日目)
6. 施設を後にして(震災後5日目)·
巻末:役に立ったグッズ


著者紹介

1957年(昭和32年)、熊本市の生まれ。
医学部卒業後は、内科医として県内の病院に勤務する。2014年(平成26年)から2年間介護老人保健施設の施設長として勤務する。
趣味は、ガーデニングと熱帯魚飼育。