花のパソコン道【ワイド版】 パソコンでいきいきライフー 熟年さんのパソコン物語

著者:若宮 正子

シニアが書いたシニアのためのパソコンを使う前に読む本

N00570

パソコンの入門者、特に高齢者にとって一番難しいのはパソコン特有の用語です。セットアップとは何なのか、ウィンドウズとは、ウイルスとは、パスワードとは。それらの用語を概念から日常の言葉でわかりやすく説明しています。通常のパソコン入門書とは異なり、ステップバイステップの操作解説ではなく、知っておくべき必要最低限の操作について、なぜその操作を行うのか、また操作を行う上で注意すべきことなどを噛んで含めるように解説しています。また、はじめてパソコンを触る人のために、マウスやキーボードの基本操作から解説するのはもちろん、ビデオやスカイプなど、最先端の使用方法も取り上げ、パソコンを使う楽しみを十二分に味わえるように構成されています。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,200 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,800 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド

基本情報

発行日:2017/02/24
発行社:インプレスR&D
ページ数:162(印刷版)
ISBN:9784844397588


目次

1.いざ、出陣の巻
2.楽しみながら慣れていこうね
3.もう少しパソコン君と親しくなろう
4.パソコンを使いこなすチカラ
5.いろいろなサービスとどう付き合うか
6.トシをとったら目も耳も
7.パソコントラブル、まず落ち着いて
8.ひと様のお役に立て
9.特別講座「スマホとタブレット」
10.終業式


著者紹介

1935年生まれ。高校卒業後都市銀行へ勤務。定年後パソコンを独習。当時のパソコン通信でシニア仲間との交流による介護ライフ中の生きがいと楽しみを発見。1999年にシニア世代のサイト「メロウ倶楽部」の創設に参画し、現在も副会長を務めているほか、(NPO)ブロードバンドスクール協会理事としてもシニア世代へのデジタル機器普及活動に参画している。自宅で行っている高齢者向けパソコン教室も10年。本年5月TEDxtokyo2014へスピーカーとして登場、多くの聴衆に共感を持って受け入れられた。高齢者向けPC活用術として考案した「ExcelでArtを」はマイクロソフトの公式コミュニティーの記事として寄稿されている。デジタルで創造する喜びを世界に伝えながら、本人も存分に楽しんでいる。