ネクストパブリッシングで始める
オンデマンド出版

impress

青空文庫POD 著者別作品一覧

か行

書名 著者 アマゾン 三省堂書店
ポケット版 シニア版 大活字版 シニア版 大活字版
蠢く者 葛西善蔵
湖畔手記 葛西善蔵
子をつれて 葛西善蔵
子をつれて 葛西善蔵
父の出郷 葛西善蔵
遁走 葛西善蔵
贋物 葛西善蔵
不良児 葛西善蔵
浮浪 葛西善蔵
ある崖上の感情 梶井基次郎
ある心の風景 梶井基次郎
城のある町にて 梶井基次郎
雪後 梶井基次郎
のんきな患者 梶井基次郎
冬の蠅 梶井基次郎
冬の日 梶井基次郎
菜の花月夜 片岡鉄兵
生みの力 片上伸
東北の家 片山広子
競馬興行と競馬狂の話 桂小南
進化学より見たる哲学 加藤弘之
単独行 加藤文太郎
なよたけ 加藤道夫
金田千鶴
夏蚕時 金田千鶴
金子ふみ子
支那研究に就て 狩野直喜
支那人心の新傾向 狩野直喜
安藤昌益 狩野亨吉
恭三の父 加能作次郎
乳の匂ひ 加能作次郎
厄年 加能作次郎
世の中へ 加能作次郎
早稲田神楽坂 加能作次郎
死刑 上司小剣
太政官 上司小剣
天満宮 上司小剣
東光院 上司小剣
鱧の皮 上司小剣
兵隊の宿 上司小剣
業苦 嘉村礒多
途上 嘉村礒多
滑川畔にて 嘉村礒多
御萩と七種粥 河上肇
枕上浮雲 河上肇
偽刑事 川田功
有明集 蒲原有明
龍土会の記 蒲原有明
くまと車掌 木内高音
青木の出京 菊池寛
仇討禁止令 菊池寛
仇討三態 菊池寛
姉川合戦 菊池寛
ある恋の話 菊池寛
ある抗議書 菊池寛
厳島合戦 菊池寛
入れ札 菊池寛
M侯爵と写真師 菊池寛
応仁の乱 菊池寛
大島が出来る話 菊池寛
屋上の狂人 菊池寛
桶狭間合戦 菊池寛
小田原陣 菊池寛
恩讐の彼方に 菊池寛
恩を返す話 菊池寛
川中島合戦 菊池寛
義民甚兵衛 菊池寛
吉良上野の立場 菊池寛
勲章を貰う話 菊池寛
真田幸村 菊池寛
四条畷の戦 菊池寛
賤ヶ岳合戦 菊池寛
島原心中 菊池寛
島原の乱 菊池寛
出世 菊池寛
俊寛 菊池寛
ゼラール中尉 菊池寛
船医の立場 菊池寛
忠直卿行状記 菊池寛
田原坂合戦 菊池寛
藤十郎の恋 菊池寛
長篠合戦 菊池寛
奉行と人相学 菊池寛
碧蹄館の戦 菊池寛
無名作家の日記 菊池寛
山崎合戦 菊池寛
蘭学事始 菊池寛
乱世 菊池寛
若杉裁判長 菊池寛
「語られる言葉」の美 岸田国士
S夫人への手紙 岸田国士
空地利用 岸田国士
秋の雲 岸田国士
秋の対話 岸田国士
浅間山 岸田国士
明日は天気(二場) 岸田国士
ある親子の問答(一幕) 岸田国士
あるニュウ・フェイスへの手紙 岸田国士
ある夫婦の歴史 岸田国士
医術の進歩 岸田国士
一国民としての希望 岸田国士
犬は鎖に繋ぐべからず 岸田国士
命を弄ぶ男ふたり(一幕) 岸田国士
いわゆる「反省」は我々を救うか 岸田国士
牛山ホテル(五場) 岸田国士
運を主義にまかす男 岸田国士
演劇一般講話 岸田国士
演劇当面の問題 岸田国士
演劇と政治 岸田国士
演劇本質論の整理 岸田国士
演劇漫話 岸田国士
演劇論の一方向 岸田国士
屋上庭園 岸田国士
音の世界 岸田国士
温室の前 岸田国士
岸田国士
雅俗貧困譜 岸田国士
可児君の面会日 岸田国士
髪の毛と花びら 岸田国士
紙風船(一幕) 岸田国士
感化院の太鼓(二場) 岸田国士
かんしやく玉 岸田国士
ガンバハル氏の実験(ラヂオドラマ) 岸田国士
記憶のいたづら 岸田国士
戯曲二十五篇を読まされた話 岸田国士
近代劇論 岸田国士
傀儡の夢(五場) 岸田国士
クロニック・モノロゲ 岸田国士
劇作家としてのルナアル 岸田国士
劇壇暗黒の弁 岸田国士
劇壇左右展望 岸田国士
劇の好きな子供たちへ 岸田国士
劇文学は何処へ行くか 岸田国士
けむり(ラヂオ物語) 岸田国士
賢婦人の一例(一幕) 岸田国士
荒天吉日 岸田国士
ここに弟あり 岸田国士
この握りめし 岸田国士
是名優哉(一幕) 岸田国士
歳月 岸田国士
五月晴れ 岸田国士
昨今横浜異聞(一幕) 岸田国士
沢氏の二人娘 岸田国士
椎茸と雄弁 岸田国士
芝居と僕 岸田国士
写真(一幕) 岸田国士
驟雨(一幕) 岸田国士
従軍五十日 岸田国士
序文 岸田国士
新劇の黎明 岸田国士
世界覗眼鏡 岸田国士
世帯休業 岸田国士
ゼンマイの戯れ(映画脚本) 岸田国士
空の赤きを見て 岸田国士
空の悪魔(ラヂオ・ドラマ) 岸田国士
それができたら 岸田国士
大政翼賛会と文化問題 岸田国士
対話 岸田国士
頼母しき求縁(一幕) 岸田国士
玉突の賦 岸田国士
誰でもない……自分でもない 岸田国士
地方文学の曙光 岸田国士
チロルの秋(一幕) 岸田国士
遂に「知らん」文六(三場) 岸田国士
妻の日記 岸田国士
動員挿話(二幕) 岸田国士
動員挿話[第一稿] 岸田国士
都市文化の危機 岸田国士
隣の花 岸田国士
取引にあらず 岸田国士
菜の花は赤い 岸田国士
虹色の幻想(シナリオ) 岸田国士
日本演劇の特質 岸田国士
女人渇仰 岸田国士
人間カザノヴァの輪郭 岸田国士
長閑なる反目 岸田国士
俳優倫理 岸田国士
葉桜(一幕) 岸田国士
麺麭屋文六の思案(二場) 岸田国士
光は影を 岸田国士
美談附近 岸田国士
火の扉 岸田国士
秘密の代償 岸田国士
百三十二番地の貸家 岸田国士
風俗時評 岸田国士
風俗の非道徳性 岸田国士
富士はおまけ(ラヂオ・ドラマ) 岸田国士
二つの戯曲時代 岸田国士
仏国現代の劇作家 岸田国士
ぶらんこ(一幕) 岸田国士
フランスに於けるシェイクスピア 岸田国士
古い玩具(一幕六場) 岸田国士
文学者の一人として見た現代日本語 岸田国士
文化職域について 岸田国士
文芸と国語 岸田国士
文芸の側衛的任務 岸田国士
放浪者 岸田国士
北支物情 岸田国士
迷子になつた上等兵(ラヂオドラマ) 岸田国士
ママ先生とその夫 岸田国士
村で一番の栗の木(五場) 岸田国士
モノロオグ 岸田国士
山形屋の青春 岸田国士
雪だるまの幻想(ラジオ・ドラマ) 岸田国士
落葉日記(三場) 岸田国士
留守(一幕) 岸田国士
恋愛恐怖病(二場) 岸田国士
私の従軍報告 岸田国士
新古細句銀座通 岸田劉生
ばけものばなし 岸田劉生
美術上の婦人 岸田劉生
日本改造法案大綱 北一輝
「ケット」と「マット」 喜田貞吉
エタ源流考 喜田貞吉
オシラ神に関する二三の臆説 喜田貞吉
春雪の出羽路の三日 喜田貞吉
周防石城山神籠石探検記 喜田貞吉
賤民概説 喜田貞吉
道鏡皇胤論について 喜田貞吉
特殊部落の人口増殖 喜田貞吉
特殊部落の成立沿革を略叙してその解放に及ぶ 喜田貞吉
武士を夷ということの考 喜田貞吉
法隆寺再建非再建論の回顧 喜田貞吉
本州における蝦夷の末路 喜田貞吉
間人考 喜田貞吉
融和促進 喜田貞吉
融和問題に関する歴史的考察 喜田貞吉
現代茶人批判 北大路魯山人
握り寿司の名人 北大路魯山人
日本料理の基礎観念 北大路魯山人
美味放談 北大路魯山人
味覚馬鹿 北大路魯山人
料理一夕話 北大路魯山人
海豹と雲 北原白秋
第二海豹と雲 北原白秋
白帝城 北原白秋
国民と思想 北村透谷
徳川氏時代の平民的理想 北村透谷
土佐日記 紀貫之
自由の使徒・島田三郎 木下尚江
政治の破産者・田中正造 木下尚江
大野人 木下尚江
鉄窓の歌 木下尚江
火の柱 木下尚江
臨終の田中正造 木下尚江
京阪聞見録 木下杢太郎
少年の死 木下杢太郎
南蛮寺門前 木下杢太郎
本の装釘 木下杢太郎
天馬 金史良
光の中に 金史良
太陽系統の滅亡 木村小舟
鏑木さん雑感 木村荘八
岸田劉生の日本画 木村荘八
小杉放庵 木村荘八
ハイカラ考 木村荘八
両国今昔 木村荘八
幾度目かの最期 久坂葉子
落ちてゆく世界 久坂葉子
入梅 久坂葉子
灰色の記憶 久坂葉子
華々しき瞬間 久坂葉子
ひとつの道 草野天平
一寸法師 楠山正雄
葛の葉狐 楠山正雄
ジャックと豆の木 楠山正雄
鎮西八郎 楠山正雄
猫の草紙 楠山正雄
物のいわれ 楠山正雄
桃太郎 楠山正雄
山姥の話 楠山正雄
夢殿 楠山正雄
おせん 邦枝完二
曲亭馬琴 邦枝完二
赤い手 国枝史郎
赤格子九郎右衛門 国枝史郎
赤格子九郎右衛門の娘 国枝史郎
赤坂城の謀略 国枝史郎
鴉片を喫む美少年 国枝史郎
天草四郎の妖術 国枝史郎
怪しの者 国枝史郎
怪しの館 国枝史郎
犬神娘 国枝史郎
鸚鵡蔵代首伝説 国枝史郎
大捕物仙人壺 国枝史郎
十二神貝十郎手柄話 国枝史郎
温室の恋 国枝史郎
隠亡堀 国枝史郎
鵞湖仙人 国枝史郎
仇討姉妹笠 国枝史郎
弓道中祖伝 国枝史郎
銀三十枚 国枝史郎
首頂戴 国枝史郎
戯作者 国枝史郎
剣侠 国枝史郎
甲州鎮撫隊 国枝史郎
郷介法師 国枝史郎
紅白縮緬組 国枝史郎
五右衛門と新左 国枝史郎
今昔茶話 国枝史郎
猿ヶ京片耳伝説 国枝史郎
正雪の遺書 国枝史郎
神秘昆虫館 国枝史郎
生死卍巴 国枝史郎
世界の裏 国枝史郎
善悪両面鼠小僧 国枝史郎
前記天満焼 国枝史郎
染吉の朱盆 国枝史郎
高島異誌 国枝史郎
稚子法師 国枝史郎
血曼陀羅紙帳武士 国枝史郎
天主閣の音 国枝史郎
銅銭会事変 国枝史郎
南蛮秘話森右近丸 国枝史郎
二人町奴 国枝史郎
日置流系図 国枝史郎
北斎と幽霊 国枝史郎
村井長庵記名の傘 国枝史郎
八ヶ嶽の魔神 国枝史郎
柳営秘録かつえ蔵 国枝史郎
レモンの花の咲く丘へ 国枝史郎
運命論者 国木田独歩
置土産 国木田独歩
おとずれ 国木田独歩
河霧 国木田独歩
窮死 国木田独歩
牛肉と馬鈴薯 国木田独歩
源おじ 国木田独歩
恋を恋する人 国木田独歩
郊外 国木田独歩
小春 国木田独歩
鹿狩り 国木田独歩
酒中日記 国木田独歩
女難 国木田独歩
空知川の岸辺 国木田独歩
竹の木戸 国木田独歩
富岡先生 国木田独歩
二少女 国木田独歩
二老人 国木田独歩
春の鳥 国木田独歩
非凡なる凡人 国木田独歩
武蔵野 国木田独歩
夜の赤坂 国木田独歩
わかれ 国木田独歩
忘れえぬ人々 国木田独歩
教育心理に関する現下の問題二三 久保良英
雷門以北 久保田万太郎
競漕 久米正雄
受験生の手記 久米正雄
父の死 久米正雄
手品師 久米正雄
良友悪友 久米正雄
女性の諸問題 倉田百三
生活と一枚の宗教 倉田百三
青春の息の痕 倉田百三
血の文字 黒岩涙香
黒島伝治
渦巻ける烏の群 黒島伝治
国境 黒島伝治
前哨 黒島伝治
黒島伝治
電報 黒島伝治
豚群 黒島伝治
窃む女 黒島伝治
パルチザン・ウォルコフ 黒島伝治
反戦文学論 黒島伝治
氷河 黒島伝治
浮動する地価 黒島伝治
土鼠と落盤 黒島伝治
雪のシベリア 黒島伝治
老夫婦 黒島伝治
元時代の蒙古人 桑原隲蔵
支那史上の偉人(孔子と孔明) 桑原隲蔵
支那の宦官 桑原隲蔵
支那猥談 桑原隲蔵
東西交通史上より観たる日本の開発 桑原隲蔵
那珂先生を憶う 桑原隲蔵
思い出の記 小泉節子
油絵新技法 小出楢重
楢重雑筆 小出楢重
めでたき風景 小出楢重
愛の為めに 甲賀三郎
青服の男 甲賀三郎
蜘蛛 甲賀三郎
血液型殺人事件 甲賀三郎
琥珀のパイプ 甲賀三郎
真珠塔の秘密 甲賀三郎
贋紙幣事件 甲賀三郎
ニッケルの文鎮 甲賀三郎
罠に掛った人 甲賀三郎
独楽 高祖保
鵞鳥 幸田露伴
蒲生氏郷 幸田露伴
鼠頭魚釣り 幸田露伴
幻談 幸田露伴
五重塔 幸田露伴
平将門 幸田露伴
太郎坊 幸田露伴
知々夫紀行 幸田露伴
突貫紀行 幸田露伴
水の東京 幸田露伴
雪たたき 幸田露伴
連環記 幸田露伴
蘆声 幸田露伴
死刑の前 幸徳秋水
死生 幸徳秋水
鴎外の思い出 小金井喜美子
釜沢行 木暮理太郎
黒部峡谷 木暮理太郎
皇海山紀行 木暮理太郎
秩父の奥山 木暮理太郎
「マリー・ロオジェ事件」の研究 小酒井不木
誤った鑑定 小酒井不木
暴風雨の夜 小酒井不木
暗夜の格闘 小酒井不木
犬神 小酒井不木
印象 小酒井不木
恐ろしき贈物 小酒井不木
外務大臣の死 小酒井不木
狂女と犬 小酒井不木
愚人の毒 小酒井不木
稀有の犯罪 小酒井不木
現場の写真 小酒井不木
好色破邪顕正 小酒井不木
紫外線 小酒井不木
自殺か他殺か 小酒井不木
死の接吻 小酒井不木
新案探偵法 小酒井不木
人工心臓 小酒井不木
深夜の電話 小酒井不木
頭蓋骨の秘密 小酒井不木
玉振時計の秘密 小酒井不木
血の盃 小酒井不木
毒と迷信 小酒井不木
謎の咬傷 小酒井不木
猫と村正 小酒井不木
呪われの家 小酒井不木
白痴の知恵 小酒井不木
髭の謎 小酒井不木
紅色ダイヤ 小酒井不木
塵埃は語る 小酒井不木
墓地の殺人 小酒井不木
三つの痣 小酒井不木
メデューサの首 小酒井不木
恋愛曲線 小酒井不木
白峰山脈縦断記 小島烏水
谷より峰へ峰より谷へ 小島烏水
天竜川 小島烏水
火と氷のシャスタ山 小島烏水
不尽の高根 小島烏水
河原の対面 小寺菊子
父の帰宅 小寺菊子
念仏の家 小寺菊子
アーニイ・パイルの前に立ちて 小林一三
宝塚生い立ちの記 小林一三
党生活者 小林多喜二
母たち 小林多喜二
雪の夜 小林多喜二

青空文庫PODトップページに戻る