仮想通貨の税務対策~2019年3月確定申告対応版~

著者:鹿 剛

監修者:浜部 理恵/副業アカデミー

わかりにくい仮想通貨の確定申告をQ&Aで解説!

N00802

【わかりにくい仮想通貨の確定申告をQ&Aで解説!自分で申告する方法も!】

本書はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を確定申告でどう取り扱うか、税務当局の最新の見解をもとに専門の税理士が監修した解説書です。取得価額の決め方や法人と個人のメリット・デメリットなどについて、タックスアンサーの例示を筆者が丁寧に解説。税理士に依頼せず、自分で申告する方法も紹介した増補改訂版!

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,400 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,500 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • Apple Books
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2018/11/30
発行社:インプレスR&D
ページ数:106(印刷版)
ISBN:9784844398684


目次

Chapter1 仮想通貨の税務
1.1 仮想通貨にはなぜ税務対策が必要なのか
1.2 国税庁の仮想通貨に関する見解
1.3 仮想通貨とは?
1.4 所得の区分と課税
1.5確定申告することがとにかく重要!
Chapter2 Q&A Part.1 個人で仮想通貨を持つ場合
個人と法人ではどちらで仮想通貨の取り引きを行うのが良い?/子供の名義で取り引きを行うことは意味がある?/シンガポールに住むことになったが納税はどうなる?
Chapter3 Q&A Part.2 法人で仮想通貨を持つ場合
法人で所有する注意点/個人から法人へ切り替える際の注意点/個人から法人へ切り替える際のメリット・デメリット/海外での法人設立/仮想通貨の利益は事業所得?
Chapter4 Q&A Part.3 課税対象となる取り引きとは
利益確定していなければ申告の必要はない?/仮想通貨の売却とは?/仮想通貨を追加で購入したときの取得価額は?/仮想通貨が分裂(分岐)した場合は?/仮想通貨に関する所得の所得区分
Chapter5 仮想通貨取り引きの申告には、税理士の協力を!
5.1 仮想通貨の確定申告には税理士が必要!
5.2 税理士の中でも選別が必要です(しかし税理士もクライアントを選別します)
Chapter6仮想通貨の申告
6.1 仮想通貨の確定申告──その流れ
6.2 仮想通貨に関する納税作業の簡素化
Chapter7仮想通貨の可能性
7.1 「仮想」の名前にふさわしくない可能性
7.2 間違いなく拡大していく
7.3 正しい仮想通貨との向き合い方


著者紹介

〈著者〉
鹿 剛(しか たけし)
鹿剛事務所 代表
東芝、Sun Microsystems (現Oracle)を経て、ソニー入社。アジア、欧州での法務統括職を経て、2001年よりSony Card Europeのマネージングダイレクター。その間、複数国にまたがるオペレーションを法務的な視点、国際税務的な視点から分析し、各国オペレーションの構築に従事。2011年より株式会社ケアネットの取締役、上席執行役員等を歴任。現在、上場済み仮想通貨アーキテクチャーの拡充に携わるほか、取引所、マイニングファームの設立、新規ICO準備などに従事。デジタル通貨アカデミーを運営。その他上場支援・海外進出などのコンサルティングを行っている。

〈監修〉
浜部 理恵(はまべ りえ)
税理士 
一般税務、仮想通貨の税務の他、外資系企業向けアウトソーシング・サービス(月次会計レポート作成および記帳、源泉徴収事務(給与計算等)、会社設立支援等)、国際金融投資コンサルティング、国際事業投資コンサルティング等に従事。平成8年4月より株式会社アジアビジネスセンター、野中公認会計士事務所グループ所属。

副業アカデミー
「収入の柱を増やして、人生を選べるようになる」を理念に、副業で本当に収入を増やせるようになることにコミットしたスクール。会社からの給料だけに依存することなく、自分の人生を自由に選べるようになりたい方を応援している。提供している講座は、仮想通貨・不動産投資・株式投資・FX投資・物品販売事業・マネー&ライフプランなどがある。