戯曲「けんけら」「子供の輪郭」「終のいる場所」

著者:黒川 明

戯曲「けんけら」「子供の輪郭」「終のいる場所」が書籍化!

N00837

「けんけら」
婚期を逃しそうになり焦る姉のゆり。父の会社の重役から紹介されたお見合い相手への返事に迷いながら、妻子ある男性への思いを断ち切れないでいる。一方早く結婚し幼い娘を持つ妹のさくらは、病気がちな姑とうまくいかず娘を残して実家に帰って来ている。
教職に就くのが当たり前のような家に生まれた境遇を嫌い昔駆け落ち同然で家を出た父。しかし事業に失敗し結局は親兄弟に助けてもらってなんとか糊口をしのいできた。会社ではリストラをまかされストレスは溜まるばかりの日々だが、あと少しで長年の借金もなくなりやっと平穏な生活がやってくるかと思っていた矢先、祖父の認知症がはじまる。
幸せを求め一生懸命生きてきたはずの家族それぞれの人生。しかし時の流れの中で思わぬ展開をみせてゆく・・・。

「子供の輪郭」
誰も自分がシングルマザーになるなんて思ってもみなかったこと。なってしまったからにはとにかく余計なことを考えないで、働いて働いて金を稼ぐこと。そんな元気な女だがついつい陥ってしまう悪い癖があった。困っているほかのシングルマザーをみると放っておけないのだ。夫の暴力から逃れた二児を持つ女、三人もの幼子がありながら浮気をして家に帰って来ないダンナを持つ女、ダンナのギャンブルの借金で家にいることもできない二児を持つ女。そんな困っている女たちを次々と自分の家に連れ帰り共同生活をしながら明るく頑張るシングルマザー。・・がんばった先に見えて来た女の人生の希望とは・・・。

「終のいる場所」
定年を機に田舎暮らしがしたいという妻の気持ちを汲み、空気が澄み渡る小さな村に引っ越ししてきた木島三郎、幸子夫婦。昔僻地の医療に携わりたいとこの村で頑張っていた旧友が紹介してくれた村だ。四季折々の花が咲き四季折々の作物がとれ都会生活では味わえないストレスのない生活、そんな生活を夢見ていたのだが・・・。
家のすぐ近くに競輪の場外車券売り場を作るという話が持ち上がるやら、移住の歓迎の酒席では複雑に入り組んだ村の人間関係の話を聞かされるやら、ゆったりとした穏やかな時間が流れるはずの村の生活は思わぬ展開を見せ始める。ドロドロした憎悪の濁流が村の人達の深い所にも流れていたのだ。
終の住処を求め第二の人生へと踏み出した夫婦の明日の運命や如何に・・・。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,200 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,700 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • Apple Books
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2019/01/25
発行社:good.book
ページ数:284(印刷版)
ISBN:9784909288318


目次

はじめに

「けんけら」

「子供の輪郭」

「終のいる場所」

あとがき


著者紹介

1946年福井県福井市生まれ。京都大学農学部農林経済学科卒業。大学入学と同時に学内の劇団に所属し演劇活動を始める。大学卒業後上京。俳優学校で知り合った仲間たちと劇団を作り小劇場にて上演活動を行う。その後帰郷。1982年劇団シベリア寒気団を旗揚げする。2000年に劇団名を百年イラチカに改名。ここ数年は劇団活動とは別にひとり芝居にも挑戦。車谷長吉の小説「忌中」や岸田戯曲賞作家鈴江俊郎の書下ろし「わが子へ自由を」などを上演、俳優(役者名・きらG)としても活動している。