雰囲気で使わずきちんと理解する!整理してOAuth2.0を使うためのチュートリアルガイド

著者:Auth屋

整理して理解する!OAuth2.0解説書

N00896

深く考えずにOAuth2.0を使っていませんか?本書はそんなあなたのためのOAuth2.0入門書です。この1冊で、スコープや認可コードとは何かといった基本的な概念を整理して理解できます。読み終わった時、利用したいAPIのOAuth2.0関連資料や、OAuth2.0の標準仕様を読みこなすための「地図」があなたの頭の中にできるでしょう。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,600 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,800 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • Apple Books
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • hontoネットストア

基本情報

発行日:2019/09/20
発行社:インプレスR&D
ページ数:94(印刷版)
ISBN:9784844378181


目次

第1章 はじめに
1.1 OAuthとはなにか
1.2 OAuthはなぜ必要か
第2章 OAuthのロール
2.1 リソースオーナー
2.2 クライアント
2.3 リソースサーバー
2.4 認可サーバー
2.5 4つのロールの関係
第3章 OAuthのトークン
3.1 アクセストークン
3.2 リフレッシュトークン
3.3 認可コード
第4章 OAuthのエンドポイント
4.1 認可エンドポイント
4.2 トークンエンドポイント
4.3 リダイレクトエンドポイント(リダイレクトURI)
第5章 OAuthのグラントタイプ
5.1 クライアントの登録
5.2 認可コードグラント
5.3 インプリシットグラント
5.4 クライアントクレデンシャルグラント
5.5 リソースオーナーパスワードクレデンシャルグラント
5.6 リフレッシュトークンによるアクセストークン再発行
5.7 認可コードグラント + PKCE
第6章 チュートリアル
6.1 クライアントの登録
6.2 認可コードグラント
6.3 認可コードグラント + PKCE
6.4 インプリシットグラント
付録A OAuth認証について
A.1 認証のためのプロトコルという誤解
A.2 OAuth認証の仕組み
付録B S256でのcode_challengeの算出
付録C OAuth関連用語の英語と日本語の対応


著者紹介

認証・認可とお風呂と筋トレが趣味。好物は鴨汁つけ蕎麦。最近の楽しみは、技術同人誌サークル主さんとツイッターできゃふきゃふすることです。OAuth、OpenID Connectについての相談はサイトのフォームからご連絡ください。
site:https://www.authya.com
twitter: @authyasan