SDGs白書2019

編者:慶應義塾大学 SFC研究所 xSDG・ラボ

生活者、企業、自治体、NPO/NGOほか、みんなでつくる「未来のかたち」

N00898

SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)を解説する日本初の白書。SDGsは2015年の国連サミットで合意された世界共通の目標である。「貧困をなくそう」から「パートナーシップで目標を達成しよう」まで17のゴールと169のターゲットが掲げられている。2019年はSDGsサミットが開かれ、あらゆるステークホルダーが、本格稼働へと移行する節目の年になる。このタイミングで慶應義塾大学SFC研究所xSDG・ラボの編集により、国内初の白書がまとまった。企業、生活者、NGO/NPO、自治体、行政機関など、あるゆる分野の人たちが一丸となって取り組めるSDGs。本白書はその日本における取り組みと日本独自の指標をまとめ、今後のSDGsの取り組みを加速させる一冊となる。

続きを読む

短くする

電子版 ¥4,500 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥6,300 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • Apple Books
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2019/10/04
発行社:インプレスR&D
ページ数:204(印刷版)
ISBN:9784844378242


目次

巻頭カラー
 17のゴールからみる2019年の世界
 インターネットの成長からSDGsへの貢献を考える
巻頭言「SDGs白書」刊行に寄せて
第1部 SDGsへの取り組み
 1-1 SDGsの歩み
  SDGsの歩みと日本の課題
 1-2 ステークホルダー別動向
  国連によるSDGsの普及活動
  SDGインテグレーションを通じた新たな創造
  SDGs達成に向けた日本の取り組み
  地方自治体のSDGsへの取り組み
  日本企業のSDGsへの取り組み
  SDGs×科学技術イノベーション×人材育成による新たな価値創造
  NGO・NPOのSDGsへの取り組み
  ユース・若者のSDGsへの取り組み
  メディアのSDGsへの取り組み
 1-3 研究活動/話題
  ESG投資/SDGs金融の潮流
  金融機関の取り組み
 マイクロプラスチック汚染問題について
第2部 SDGsの指標
 2-1 ゴール1の指標
 2-2 ゴール2の指標
 2-3 ゴール3の指標
 2-4 ゴール4の指標
 2-5 ゴール5の指標
 2-6 ゴール6の指標
 2-7 ゴール7の指標
 2-8 ゴール8の指標
 2-9 ゴール9の指標
 2-10 ゴール10の指標
 2-11 ゴール11の指標
 2-12 ゴール12の指標
 2-13 ゴール13の指標
 2-14 ゴール14の指標
 2-15 ゴール15の指標
 2-16 ゴール16の指標
 2-17 ゴール17の指標


著者紹介

慶應義塾大学SFC研究所xSDG・ラボ(xSDG Laboratory, Keio Research Institute at SFC, Keio University)
慶應義塾大学SFC研究所xSDG・ラボ(エックスSDG・ラボ、2017年10月1日設立)は、多様で複雑な社会における問題解決をSDGsという切り口で実現するためのトランスディシプリナリーな研究を実施し、出版物やウェブサイト、講演会などを通じて、積極的な成果発信を国内外に対して行うことを目的としている。学生および研究コミュニティーと連携しながら、企業や自治体との共同研究課題を中心に、産官学連携による活動を推進してきている。とくに、xSDG・ラボが推進する「xSDGコンソーシアム」(2018年6月設立)では、企業や自治体など、SDGsを取り巻くステークホルダーとのコラボレーションにより、SDGs目標達成へ向けた先進事例や優良事例を作り、また、SDGsに関することがらの標準化を通じたスケールアップを目指している。