障害者雇用は経営課題だった! 失敗事例から学ぶ、障害者の活躍セオリー

著者:パーソルチャレンジ Knowledge Development Project

貴社の障害者雇用は「福祉的観点+経営的観点」でうまくいく!

N00919

◆◇障害者雇用に迷う、すべての企業経営者に◇◆
障害者専門の人材サービス会社「パーソルチャレンジ」に発足したパーソルチャレンジ Knowledge Development Project による、経営目線に立った障害者雇用の成功セオリー。
障害者の人材紹介や雇用コンサルティングに携わる一方、自社でも多くの障害者を雇用する経験を踏まえ、企業と障害者がwinーwinの関係に近づくための「障害者雇用成功のポイント」を紹介する。

◆「障害者雇用=社会福祉だけ」ではない!◆
「障害者雇用率制度」が定められたことにより、法定雇用率達成に頭を抱える企業経営者、役員は少なくない。
現在、法定雇用率を達成している企業は45.9%しかなく、2021年の法定雇用率引き上げ(※)を控え、障害者雇用の対応に悩む企業は今後さらに増えるとみられる。(※厚生労働省「平成30年 障害者雇用状況の集計結果」より)また、雇用に取り組むものの課題を抱えている企業も少なくない。

なぜこのようなことになるのか。著者は「障害者雇用に社会福祉の観点だけで取り組む企業が多いから」と説明する。福祉的観点だけでは障害者雇用を企業経営にプラスにできず、障害者自身も活躍する機会が得られないため、持続的雇用ではないという。
では、どうすればいいのか。パーソルチャレンジ Knowledge Development Project は「福祉的な配慮に加え、経営的な観点を盛り込むことで、企業と障害者はwin-winの関係に近づき、企業経営にプラスの効果をもたらす」と提言する。

◆障害者雇用に経営的観点から取り組むために◆
本書は、パーソルチャレンジがもつ膨大な障害者雇用のノウハウから、入門編として「経営観点に立って」障害者雇用に取り組むポイントを紹介する。
《紹介するポイント》
・障害者の採用と活用で躓きやすいポイント
・企業経営の中で、障害者に活躍してもらうためのポイント
・障害者雇用の問題を解決するための基本的な考え方
・自社の障害者雇用状況を把握するためのチェックリスト

これらのポイントは、すべて「障害者雇用を成功させ、はたらきやすさ、生産性、コストなど、あらゆる面で企業と障害者がwin-winの関係になる」ために分かりやすくまとめられている。
職種や配属先の検討法、自社の障害者雇用マネジメント経験やノウハウの現状を把握できるチェックリストなどノウハウが紹介されているので、ぜひ参考にしていただきたい。
障害者雇用について「企業活動への効果創出を見据え、現場レベルの出来事から人事評価制度の考え方まで、経営的観点で考えたい」経営者や役員の必携の書である。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,000 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,000 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • Apple Books
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2019/12/20
発行社:good.book
ページ数:130(印刷版)
ISBN:9784909288493


目次

第一章 最初に躓くのは、「志向と施策のマッチング」
第二章 業務レベルは、障害者の志向に合わせて設定する
第三章 採用からマネジメントまで、志向に合わせたアプローチを
第四章 今日から始める、障害者雇用


著者紹介

障害者雇用に取り組むすべての企業に向けて有益な情報を「知識」として新たに提供するため、障害者専門の人材サービス会社であるパーソルチャレンジ株式会社内に発足。クライアントである企業や官公庁・自治体・独立行政法人などの顧客、パーソルグループの雇用の設計に携わった知見を体系化し、広く一般化することを目的とするプロジェクトである。

【パーソルチャレンジ Knowledge Development Projectが目指すもの】
「はたらいて、笑おう。」
はたらいて社会に参加したり、成長したり、そこに障害の有無は関係ない。

「障害者雇用は社会政策であるが、国の社会福祉の肩代わりではない」
企業の雇用は、社会をより良くする純然たる営利活動であって、決して社会福祉を代替するものではない。企業活動の視点から捉え対処すべき事象である。

「企業活動であるならば、戦略を構築し、首尾一貫した施策を展開し、投資分ないしそれ以上の対価を取れ」
障害者とはたらくことでチームが強くなり、生産性が上がり、新たな価値が生み出される。人も組織も最大限成長するため日々前進しよう。