DXのためのビジネスモデル設計方法

著者:幡鎌 博

DX(デジタルトランスフォーメーション)を進める際にビジネスモデルを検討するための一冊

N01298

本書はDX(デジタルトランスフォーメーション)において、ビジネスモデルを検討・設計するための知識や手法などを解説した書籍です。 ビジネスモデルとして、プラットフォームについても詳細に独自の記法や事例などを使い検討方法を解説します。その他、DXのビジネスモデル検討のために具体的に役立つ様々な内容を示します。 現在、DXを進める際にビジネスモデルを検討するために役立つ書籍がまだほとんどないため、おすすめの一冊です。 ビジネスモデルを検討する際、単にパターンに当てはめて検討することを薦める書籍が多いのですが、本書では、一般的なパターンをさらに構造化・体系化して検討する方法論を示します。それについては著者のこれまでの事例研究や特許の分析、ビジネスモデルが成り立つ仕組みをAIを利用してモデリングする研究、大学の授業におけるビジネスモデルの設計演習での効果の考察などが存分に生かされています。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,600 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥2,000 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • Apple Books
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER
  • 達人出版会

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2020/12/18
発行社:インプレスR&D
ページ数:122(印刷版)
ISBN:9784844379430


目次

1章 デジタルトランスフォーメーションにおけるビジネスモデルの重要性
2章 デジタルトランスフォーメーションの現状と事例
3章 ビジネスモデル分析/設計の手法
4章 ビジネスモデルの検討方法
5章 プラットフォーム事業のビジネスモデルの検討方法
6章 ビジネスモデルやサービスの権利化
7章 AIのビジネスモデル設計への活用方法
8章 DXの検討に役立つツール・制度など


著者紹介

幡鎌 博(はたかま ひろし)
合同会社 デジタル・ビジネスモデル研究所 代表(2020年4月より。2020年3月までは文教大学 経営学部 経営学科 教授)。
博士 (システムズ・マネジメント)(筑波大学)。
1959年生まれ。1982年 京都大学理学部を卒業し、富士通株式会社に入社。在職中に筑波大学大学院を修了し博士号を取得。
2003年4月から2020年3月まで、文教大学 情報学部 ⇒ 経営学部 (2014.4以降)。
主要著作:
「eビジネスの教科書」創成社、単著、2006年に初版、2020年5月に第8版。
「ITマネジメント・エッセンス」 産業能率大学 総合研究所、2018年3月 (社会人研修用テキスト)。7割位を執筆。
「発明のコモンズ」創成社(新書)、単著、2010年8月。