ネクストパブリッシングで始める
オンデマンド出版

impress

書籍紹介

超イオン導電体 イオン拡散の基礎

著者:⽯井 忠男

超イオン導電体現象について基礎から解説し、応用へ繋ぐ本格専門書!

N01690

超イオン導電体の“入門”から始め、“最先端研究の足がかり”となるよう拡散現象の本質を9章に亘って詳細に解説した書籍。イオン跳躍の素過程から電気伝導に代表される諸現象について、練習問題を解きながら理解できるよう構成されています。

続きを読む

短くする

電子版 ¥4,000 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥4,000 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • Apple Books
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2022/09/16
ページ数:396(印刷版)
ISBN:9784764960411


目次

1 量子力学
1.1 シュレーディンガーの波動方程式
1.2 分子軌道法
1.3 摂動論と遷移確率
1.4 振動子の量子力学

2 統計力学
2.1 小正準集団
2.2 正準集団
2.3 大正準集団

3 超イオン導電体とイオン拡散
3.1 超イオン導電体
3.2 超イオン導電体の分類
3.3 超イオン導電体の特徴
3.4 相転移の熱力学
3.5 AgI の不安定性
3.6 希薄粒子系の跳躍拡散とイオン伝導
3.7 マスター方程式と跳躍拡散
3.8 格子液体 — 最近接相互作用の効果
3.9 平均二乗変位 — 集団拡散とトレーサ拡散
3.10 緩和モード

4 イオン拡散の素過程
4.1 イオン拡散の素過程
4.2 熱活性過程とトンネル過程 — イオン-フォノン相互作用
4.3 熱活性過程の活性化エネルギー

5 輸送現象の統計力学
5.1 マスター方程式
5.2 階層構造と物理量の時間発展
5.3 電気伝導の線形応答理論
5.4 跳躍拡散による電気伝導の理論
5.5 リング模型

6 緩和モード理論と電気伝導度
6.1 緩和モード
6.2 電気伝導度
6.3 化学拡散係数
6.4 跳躍拡散系の誘電関数
6.5 緩和モードのデバイ近似とアインシュタイン近似

7 動的構造因子
7.1 動的構造因子
7.2 準弾性光散乱
7.3 核四重極緩和
7.4 超音波吸収

8 秩序・無秩序転移と電気伝導
8.1 超イオン導電体相転移
8.2 クラスター変分法
8.3 経路確率の方法
8.4 1粒子種系の電気伝導度
8.5 1粒子種系 — 秩序・無秩序転移と電気伝導
8.6 混合アルカリ効果
8.7 スモールポーラロンによる電気伝導

9 非デバイ緩和
9.1 デバイ緩和と異常緩和
9.2 超格子系の異常緩和
9.3 ランダム対称ホッピングの異常緩和
9.4 緩和モードによる有効媒質近似
9.5 スケーリング則


著者紹介

⽯井 忠男
1942年 ⿃取県に⽣まれる
1966年 ⼤阪⼤学⼯学部電気⼯学科卒業
1970年 同⼤学院博⼠過程中退(1974 ⼯学博⼠)
元 岡⼭⼤学⼤学院⾃然科学研究科准教授

【主な著書】
『X 線吸収微細構造』共著(学会出版センター,1993)
『EXAFS の基礎(広域X線吸収微細構造)』(裳華房,1994)
『固体物性学の基礎』(⼤学教育出版,2005)
『フーリエ解析ミニマム』(⼤学教育出版,2005)