書籍紹介

Linux Container Book 2

著者:加藤 泰文

Linux解説書・人気シリーズ第二弾!

N01890

この本は、Linuxカーネルにおけるコンテナ技術の深い理解を目指す「Linux Container Book」の第二弾として、特にcgroup v1に焦点を当てています。Linuxのコンテナは、複数のカーネル機能が連携して構成されており、本書ではその中でも中心的な役割を果たすcgroup v1について、前作で扱ったNamespaceと共に詳細に解説しています。さらに、cgroup Namespaceの概念についても触れています。Linuxシステムにおける基本コマンドを用いてcgroup v1を理解するための実践的解説書です。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,800 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥2,000 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • Apple Books
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド

基本情報

発行日:2024/06/14
発行社:インプレス NextPublishing
ページ数:122(印刷版)
ISBN:9784295602064


目次

第1章 コンテナとは
第2章 cgroupの概要と歴史
第3章 cgroupファイルシステム
第4章 コントローラー
第5章 cpuコントローラー
第6章 cpuacctコントローラー
第7章 cpusetコントローラー
第8章 devicesコントローラー
第9章 freezerコントローラー
第10章 memoryコントローラー
第11章 net_clsコントローラー
第12章 net_prioコントローラー
第13章 blkioコントローラー
第14章 pidsコントローラー
第15章 その他のコントローラー
第16章 cgroup Namespace


著者紹介

加藤 泰文
2009年頃にLinuxカーネルのcgroup機能に興味を持ち、以来Linuxのコンテナ関連の最新情報を追う。2013年から続く勉強会「コンテナ型仮想化の情報交換会」の開催や、lxc-jpプロジェクトでLXC/LXD方面の翻訳を行う。日本発のLinuxディストリビューション「Plamo Linux」のメンテナ。