ロンドン五輪でソーシャルメディアはどう使われたのか

著者:野々下 裕子

TwitterやFacebookによるソーシャルビューイングからライブストリーミング、アプリの利用まで、ロンドン五輪期間中のネットサービスの利用実態を徹底分析。

N00012

2012年7月27日から8月12日までイギリスのロンドンを舞台に開催された第30回夏期オリンピック・ロンドン大会は、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアが本格的に普及して初めてとなる大会であったことから、「ソーシャリンピック」と呼ばれました。その呼び名の通り、開催期間中の合計ツイート数は1億件を超え、北京大会の125倍以上に膨らみました。本書は、このソーシャルメディア、ライブストリーミング、五輪専用アプリなど、会期中、提供されていた様々なネットサービスとその利用実態を、さまざまなデータをもとにふり返ります。

続きを読む

短くする

電子版 ¥934 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,505 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • iBookstore
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2012年12月7日
発行社:株式会社インプレスR&D
ページ数:116(印刷版)
ISBN:9784844395355


目次

はじめに

第1章 ロンドン五輪のネット利用実態
第2章 データで振り返るソーシャリンピック
第3章 スポンサー企業のネット活用
第4章 ソーシャルビューイングとライブストリーミング
第5章 スマートフォンと専用アプリ

参考文献
著者紹介