CloudStack実践ガイド[後編]

著者:大削 緑

CloudStackを実際に構築しながら、システムの理解を深める

N00048

後編では、前編で紹介した内容をベースに、さらに一歩進んだ使い方を紹介します。CloudStack APIやAWS SDKを使った互換APIの実行方法、CentOS、UbuntuおよびWindows Serverのオリジナルテンプレートの作成手順、VPC(Virtual Private Cloud)の概念や設定方法を説明など。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,500 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥2,100 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2013/10/25
発行社:インプレスR&D
ページ数:164(印刷版)
ISBN:9784844395973


目次

はじめに
第5章 もっとつかってみよう1:APIでもっと便利
5.1 CloudStack API
5.2 CloudMonkeyを使ってみよう
5.3 AWS EC2互換 APIをたたいてみよう(SOAP編)
5.4 AWS EC2互換 APIをたたいてみよう(Java SDK編)
5.5 AWS EC2互換 APIをたたいてみよう(PHP SDK編)
第6章 もっとつかってみよう2:自分だけのテンプレートを作ろう
6.1 Linuxテンプレートの作成
6.2 Windows Serverテンプレートの作成
第7章 もっとつかってみよう3:Virtual Private Cloud(VPC)を使おう
7.1 VPCとは
7.2 VPCを作ってみよう
第8章 あたらしい機能たち
8.1 CloudStack 4.1の新機能
8.2 CloudStackの今後
第9章 I♡CloudStack
9.1 CloudStackをもっと知る
9.2 CloudStackを盛り上げてみる
著者紹介