イーサネットファブリックとOpenFlow

著者:濤川 慎一/小宮 崇博

ネットワーク仮想化技術の最適解を検討する

N00058

Interop Tokyoの最先端ICT技術セミナーの講演内容を「Interop Tokyoセミナー」シリーズとして出版する第二弾。 ネットワークの仮想化技術として注目されるOpenFlowの機能や特徴とともに、JuniperとBrocadeのイーサネットファブリック技術の位置づけ、機能などと比較検討し、ネットワーク仮想化技術の最適解を探ります。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,000 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,500 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • iBookstore
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2013/12/20
発行社:インプレスR&D
ページ数:80(印刷版)
ISBN:9784844396062


目次

はじめに
Part 1 Juniperのファブリックテクノロジー
1. SDNとOpenFlowとイーサネットファブリック
2. Juniper のイーサネットファブリック
3. OpenFlowとイーサネットファブリック
4. Underlay Networkの矜持
5. まとめ OpenFlowって必要?
コラム OpenFlowの概要
Part 2 Brocadeのファブリックテクノロジー
1. Brocadeにおけるファブリックの位置付け
2. 現在の動向(トレンド)
3. 現在のファブリックの課題
4. OpenFlowとファブリック
5. まとめ
コラム イーサネットファブリックの概要
著者紹介