オープンデータ超入門

著者:林 雅之

社会の課題を解決! 国内・海外のオープンデータの取り組みを一気に紹介

N00069

公共性のあるデータを開放し、誰でも自由に加工、再利用できるようにするオープンデータ。市民と行政が一緒に社会的課題を解決したり、新サービスを開発したりするオープンガバメントのムーブメントとも重なりつつ、注目が高まってきています。本書はオープンデータの中でも特に政府や自治体などが保有する公共データのオープンデータ化を中心に、日本・海外の取り組みを解説。オープンデータとは何だろうと思い始めた初心者におすすめの一冊です。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,200 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,800 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • iBookstore
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2014/02/28
発行社:インプレスR&D
ページ数:122(印刷版)
ISBN:9784844396154


目次

第1章 オープンデータの役割
第2章 オープンデータ先進国・米国の取り組み
第3章 欧州・アジア・アフリカ各国の取り組み
第4章 自治体や地域、政府の取り組み
第5章 オープンデータを活用したビジネスへの展開