Linuxコマンドライン入門  6日目

著者:大津 真

いろいろなシェルの活用法

N00175

本書はパート1(1日目)〜パート6(6日目)の6分冊として提供します。各パートは4つのセクションからなり、実際の入門講座でも使用できるように、ひとつのセクションが約1時間を目安に完了するように構成されています。 最終日である6日目では、これまでのまとめとしてシェルの活用方法と環境設定について解説します。まず、1時間目と2時間目ではシェルをより便利に活用するためのテクニックについて説明します。3時間目では、コマンドラインで同じ処理を行う場合に便利なシェルスクリプトの作成方法を説明します。4時間目では、自分が使いやすいようにシェル環境を設定する方法について説明します。

続きを読む

短くする

電子版 ¥600 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,000 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • iBookstore
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2014/11/12
発行社:インプレスR&D
ページ数:86(印刷版)
ISBN:9784844396550


目次

1時間目 シェルを賢く使う(1)
 1-1 ワイルドカードをもっと便利に
 1-2 特殊文字の働きを打ち消す
 1-3 コマンド履歴をもっと便利に
  ◎練習問題

2時間目 シェルを賢く使う(2)
 2-1 シェル変数とは
 2-2 シェル変数を使ってみよう
 2-3 フォアグランド・ジョブとバックグラウンド・ジョブ
 2-4 ジョブを操作する
  ◎練習問題

3時間目 シェルスクリプトに挑戦
 3-1 for文を使ってみよう
 3-2 for文にはワイルドカードも使える
 3-3 for文を使用した拡張子の変換
 3-4 はじめてのシェルスクリプト
  ◎練習問題

4時間目 シェルの環境を整備する
 4-1 組み込みシェル変数
 4-2 シェルのオプション
 4-3 起動したプログラムに引き継がれる環境変数
 4-4 コマンドに別名を付けるエイリアス
 4-5 シェルの環境設定ファイル
  ◎練習問題