大前研一ビジネスジャーナル No.4 「迫り来る危機をいかに乗り越えるか」

著者:大前 研一 監修

編者:good.book編集部

グローバルビジネスの今を、大前研一が斬る。

N00212

大前研一総監修ビジネスジャーナル第4弾。 テーマは””迫り来る危機””。「2015年の経済リスク」と「日本のエネルギー戦略」の2本立てです。 今回もビジネスを変革するビジネスパーソンへ向けて、ファクトに基づく分析をお届けします。 ■【特集テーマ:「迫り来る危機をいかに乗り越えるか」】■ ◇セミナー1:世界/日本経済に迫り来る危機 大前氏開催の経営勉強会を基とするセミナー1では、2014年の経済動向を俯瞰した上で、日本に起こりうる「デフォルト・ハイパーインフレ」を解説。「政府・企業・個人」のレベルで経済危機に対応する方法を提言します。 ・株価が上がっても、日本の景気はよくならない ・スコットランド住民投票が世界に投げかけた波紋 ・イスラム国は「国家」なのか? ・アベノミクスが加速させる日本経済の危機 ・公共事業費を増やしても、人手不足で財政が改善しない ・非正規労働者が増え、所得格差が広がる ・今の日本に、20世紀の経済学は通用しない ・経済理論ではなく「心理」が消費行動を決める ・デフォルト・ハイパーインフレの危機 ・税金を使わない景気浮揚策―容積率を倍に ・イタリアに学ぶ日本の地方創生 ◇セミナー2:日本のエネルギー問題 後半では、長期的展望が見えない日本のエネルギー戦略の問題点を指摘。原発への賛成/反対の白黒では判断できない、安定した電力提供のための複合的エネルギーミックスを、エネルギー戦略の第一人者でもある大前氏が語ります。 ・3.11から4年。今、日本が採るべきエネルギー戦略とは? ・2012年夏、日本が電力不足を免れることができた理由 ・エネルギーバランスと再生可能エネルギーの問題点 ・太陽光・風力発電は「ベースロード電源」にはならない ・福島第一原発の事故原因については「物理的な解明」が不足している ・大前流「電力再編」案 ・エネルギー問題を解決する3つの選択肢 新収録大前氏インタビュー(「情報を集め、自分の意見を形成する能力を磨く」)に加え、連載「イノベーションの現場」では、スタートアップ支援を続ける勝屋久氏に「社会・企業を変える個人のアクション」について聞きます。 ■【目次】■ │1│ 2015年、迫り来る危機にどう備えるか │2│ 世界/日本経済に迫り来る危機―2015年 経済予測― │3│ 日本のエネルギー問題―持続可能な長期的エネルギーミックスに向けて― │4│ 連載:イノベーションの現場から/第2回(勝屋久×大前創希)

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,000 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,500 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • iBookstore
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2015/03/06
発行社:good.book
ページ数:142(印刷版)
ISBN:9784907554149


目次

│1│
2015年、迫り来る危機にどう備えるか
(インタビュー/大前研一)

│2│
世界/日本経済に迫り来る危機―2015年 経済予測―
(大前研一経営セミナーより編集)

│3│
日本のエネルギー問題―持続可能な長期的エネルギーミックスに向けて―
(大前研一経営セミナーより編集)

│4│
連載:イノベーションの現場から/第2回
(インタビュー/勝屋久×大前創希)