大前研一ビジネスジャーナル No.7(バルト三国・ベラルーシの研究~今、日本が学ぶべき“小国家戦略”~)

著者:大前 研一

編者:good.book編集部

監修者:大前 研一

グローバルビジネスの今を、大前研一が斬る。

N00372

大前研一総監修ビジネスジャーナル第7弾。 今回は、『バルト三国・ベラルーシの研究~今、日本が学ぶべき“小国家戦略”~』と題し、 その歴史的背景や地政学的ポジションを解説、 現在各国が打ち出している産業の強みや外交戦略から、 日本にとって参考となる“小国家戦略”を見ていきます。 小国でありながら、なぜバルト・ベラルーシは世界に存在感を打ち出すことができるのか? 大前氏によるインタビュー/セミナー/視察レポートを通して解説します。 ■収録特集 │1│インタビュー/大前研一 「バルト三国」に見る、国としての在り方/人の価値のはかり方 │2│セミナー/大前研一 バルト三国・ベラルーシの研究 歴史的にも政治的にも複雑な背景を持つバルト三国・ベラルーシについて、様々な角度から現状を解説。 ・バルト三国とベラルーシの現在、過去、未来 ・各国の経済・エネルギー事情 ・ロシアとの関係 ・産業の現状とビジネス環境 │3│レポート/大前研一 4カ国視察レポート 大前氏の視察をもとに、各国の戦略や、特徴的な産業・企業などを紹介。 ・国を挙げてのICT立国・エストニア ・ロシアと西欧の物流拠点・ラトビア ・ハイテク産業と原発回帰に注目・リトアニア ・旧ソ連圏のアウトソーシング強国・ベラルーシ

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,000 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,500 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • iBookstore
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2015/10/23
発行社:good.book
ページ数:122(印刷版)
ISBN:9784907554255


目次

│1│
「バルト三国」に見る、国としての在り方/人の価値のはかり方

│2│
バルト三国・ベラルーシの研究

│3│
4カ国視察レポート


著者紹介

1943年、福岡県若松市(現北九州市若松区)生まれ。早稲田大学理工学部卒業。東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、 マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。経営コンサルティング会社マッキンゼー& カンパニー日本社長、本社ディレクター、常務会メンバー、アジア太平洋地区会長等を歴任。94年退社。96 ~ 97年スタンフォード大学客員教授。 97年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院公共政策学部教授に就任。 現在、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長。オーストラリアのボンド大学の評議員 (Trustee)兼教授。 また、起業家育成の第一人者として、05 年4月にビジネス・ブレークスルー大学大学院を設立、学長に就任。2010年4月にはビジネス・ブレークスルー大学が開学、学長に就任。02年9月に中国遼寧省および天津市の経済顧問に、また10年には重慶の経済顧問に就任。04年3月、韓国・梨花大学国際大学院名誉教授に就任。『新・国富論』、『新・大前研一レポート』等の著作で一貫して日本の改革を訴え続ける。