大前研一ビジネスジャーナル No.14(企業の「稼ぐ力」をいかに高めるか~生産性を高める8の論点/変化する消費行動を追え~)

編者:good.book編集部

監修者:大前 研一

グローバルビジネスの今を、大前研一が斬る。

N00614

「大前研一ビジネスジャーナル」シリーズでは、大前研一が主宰する企業経営層のみを対象とした経営勉強会「向研会」の講義内容を読みやすい書籍版として再編集しお届けしています。特別な勉強会で解説された「これからの経営」に役立つグローバルビジネスのキートピックを、豊富なデータ・事例・大前研一自身が視察して得た情報とあわせて収録しています。日本と世界のビジネスを一歩深く知り、考えるためのビジネスジャーナルです。 ■生産性を高める経営 ~「稼ぐ力」を高めるための8の論点~ ・日本企業の「稼ぐ力」はどうして低いのか ・定型業務と非定型業務の“霜降り肉”状態が非効率を招く ・コストプラスの価格設定が高付加価値化を阻害している ・間接業務の増大は死をもたらす“企業の肥満” ・人手不足、低生産性、長時間労働―日本が直面している課題 ・政府の介入“マイクロ・マネージメント”の問題点 ・論点1.間接業務の生産性を向上させるには? ・論点2.中間管理職は必要か? ・論点3.どのような「人材/機械のポートフォリオ」を構成するべきか? ・論点4.同一労働同一賃金を推進するべきか? ・論点5.労働力不足をいかに解決すればよいのか? ・論点6.長時間労働、残業をなくす方法はあるか? ・論点7.従業員の子育て支援にどう対応するべきか? ・論点8.働き方改革ではなく休み方を改革すべきではないか? 他 ■変化する消費行動を追え ~消費者をどう見つけ、捉えるか~ ・低欲望社会の陰に隠れる「成長する消費」の存在 ・キーワードは「越境EC」「インバウンド」「富裕層」 ・膨張するスマホ経済。デジタルライフ消費とは ・インスタ映え、投稿レビュー、ユーザー心理を突く施策 ・シェアの時代に生まれるビッグビジネス ・越境ECに見出すEC市場の可能性 ・日本製品が爆売れ。日中間の越境ECの現状 ・右肩上がりのインバウンド市場で起きていること、すべきこと ・訪日外国人旅行者の関心は「モノ」から「コト」へ ・ラグジュアリー消費の需要。新時代の消費者を掴むために ・ますます富める富裕層。求めるのは「右脳系」商品 他

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,000 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,500 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • iBookstore
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • honto電子書籍ストア
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2017/09/08
発行社:good.book
ページ数:104(印刷版)
ISBN:9784907554996


目次

│1│
Seminar1:生産性を高める経営 ~「稼ぐ力」を高めるための8の論点~

│2│
Seminar2:変化する消費行動を追え ~消費者をどう見つけ、捉えるか~


著者紹介

株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長/ビジネス・ブレークスルー大学学長
1943年福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセツ工科大学(MIT)大学院原子力工学科で博士号を取得。日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社後、本社ディレクター、日本支社長、常務会メンバー、アジア太平洋地区会長を歴任し、1994年に退社。以後も世界の大企業、国家レベルのアドバイザーとして活躍するかたわら、グローバルな視点と大胆な発想による活発な提言を続けている。現在、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長及びビジネス・ブレークスルー大学大学院学長(2005年4月に本邦初の遠隔教育法によるMBAプログラムとして開講)。2010年4月にはビジネス・ブレークスルー大学が開校、学長に就任。日本の将来を担う人材の育成に力を注いでいる。