戯曲 舞台「瀬戸内少女ラジオ局」

著者:伊藤 高史

感動の舞台「瀬戸内少女ラジオ局」が書籍化!

N00757

大切な親友。傷ついた心。想い出のリクエスト。
その時、彼女たちには忘れられないラジオ番組があった…。

戯曲書籍化プロジェクト第一弾として、
2018年夏のタタカッテシネ&トキヲイキル合同公演「瀬戸内少女ラジオ局」の戯曲が初の書籍化。

続きを読む

短くする

電子版 ¥1,000 小売希望価格(税別)

印刷版 ¥1,500 小売希望価格(税別)


お好きな販売サイトにてご購入いただけます

電子書籍版

  • amazon Kindleストア
  • 楽天 kobo
  • iBookstore
  • 紀伊國屋(Kinoppy)
  • Google play
  • Reader Store
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER

印刷書籍版

  • amazon プリント・オン・デマンド
  • 三省堂書店オンデマンド
  • hontoネットストア
  • 楽天ブックス

基本情報

発行日:2018/08/10
発行社:good.book
ページ数:138(印刷版)
ISBN:9784909288202


目次

キャスト表
前説
1場 疫病神、降臨!
2場 リスナーたち
3場 女子高生、来る
4場 初めての告白
5場 後輩の面倒は先輩がみる
6場 最後のリクエスト
7場 新しい瀬戸内少女ラジオ局(正午)
あとがき


著者紹介

劇団ウルトラマンション主宰。1998年にチューヤンと朋友として日本テレビ「進ぬ!電波少年〜アフリカ・ヨーロッパ縦断ヒッチハイク」に出演し、数々のドラマ、映画、舞台に出演。その後、劇団東京セレソンデラックスのメンバーとなるが3年で解散し、俳優の安藤亮司と劇団ウルトラマンションを旗上げしダブル主宰。脚本では、劇団ONEOR8の田村孝裕氏に赤坂ACTシアターで「舞台版 龍が如く」を脚本協力し出演も果たす。